ステロイド皮膚症が改善したフレンチブルドッグ

皮膚トラブル症例

■ フレンチブルドッグ

今回紹介するのはステロイド皮膚症のフレンチブルドックさんです。アトピー性皮膚炎の治療のために長期間ステロイド剤を投与していたところ、ステロイド皮膚症になってしまったとの事です。また、毛艶も悪くなっていました。

 

フレンチブルドックは、アトピー性皮膚炎になりやすい犬種といわれています。アトピー性皮膚炎は続く痒みが主症状の皮膚炎であり、治療では痒みを抑えるためにステロイド剤が使われることもあります。ステロイド剤は、短期間の服用であれば、大きな心配はいらないのですが、長期間投薬すると多飲多尿、体重増加、医原性副腎皮質機能亢進症、糖尿病などの副作用が見られることがあります。また、皮膚に副作用が生じる事もあります。

ステロイドって、犬猫にとって危ない薬ですか?

 

■ 犬のステロイド皮膚症とは?

ステロイドの長期投与により皮膚にステロイドの影響が出てくることがあり、これを『ステロイド皮膚症』と呼びます。ステロイド皮膚症にかかった犬では、

  • 皮膚が薄くなる
  • 毛穴が小さくなり毛が抜けやすくなる
  • 皮膚にカルシウムが沈着して炎症反応や痒みが出る
  • 細菌感染が起こりやすくなる

といったような変化が見られるようになります。これは、内服薬でも外用薬でも起こり得ます。ステロイド皮膚症の治療法は、『ステロイド剤をやめること』です。そして、弱くなった皮膚を保護するために、保湿を含めたスキンケアを行います。また、元々のアトピー性皮膚炎はステロイド剤を使わないように治療します。

愛犬の皮膚が薄くなっている時に考えたい3つの原因

 

■このフレンチブルドッグさんの場合

今回のフレンチブルドッグさんは、抗脂漏作用のあるシャンプーと保湿剤によるスキンケアを重点的に行いました。更に、被毛と皮膚の栄養状態が良くないと判断し、食事量を増やし、血液循環の改善や抗酸化作用のあるビタミンEのサプリメントを与えました。すると2ヶ月後にはこんなにキレイになりました!

2ヶ月前と比べて、かなりの改善が見られました!飼い主さんがスキンケアを頑張ってくれたおかげで、ステロイド剤が必要なくなり、カラーを外すことにも成功しました。ステロイド剤はアトピーの症状の改善に有効な薬ですが、使いすぎると副作用が出てしまうため、注意が必要です。ステロイド剤による治療を続けていても良くならない場合は動物病院で獣医皮膚科医に相談してみて下さいね。

■あわせて読みたい〈フレンチブルドッグの洗い方〉

皮膚が弱いフレンチ・ブルドッグの洗い方

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA