fbpx

皮膚と健康状態が劇的に改善した犬の甲状腺機能低下症の1例

犬 甲状腺機能低下症
皮膚トラブル症例

来院理由:毛が抜けてきて、元気と食欲もなくなってきた

 

診断は『甲状腺機能低下症』。病気の治療とスキンケアにより、皮膚・被毛のコンディションが劇的に改善し、元気・食欲が回復しました。写真を紹介しておりますので、その変化をご確認下さい。

 

来院時

犬 甲状腺機能低下症 来院時

被毛はボソボソ、皮膚はカサカサでした。右の写真は甲状腺機能低下症で特有の皮膚症状 “ラットテイル”

 

治療1ヶ月後

犬 甲状腺機能低下症 治療1ヶ月後

被毛にツヤが出始め、濃い毛色になってきました

 

治療2ヶ月後

犬 甲状腺機能低下症 治療2ヶ月後

別のワンちゃんに見間違える程に改善しました!尻尾の毛は生えすぎてしまいました!

 

嬉しいことに2ヶ月後には別のワンちゃんと見間違える程になりました。(“ヒフザップ”ですね!)心なしか自信なさげに写っていた来院時の写真も、2ヶ月の治療を経て見違えるようになりました。

甲状腺機能低下症は皮膚が悪くなるだけでなく、元気・食欲も落ちてしまう病気です。中高齢で発症する事が多い皮膚病です。気になる事があれば動物病院で皮膚科医に聞いてみて下さいね。

獣医皮膚科医のコメント:

皮膚の異常が、身体の異常を伝えるサインかもしれません。『年のせい』とか『生まれつき』だと片付けるのは簡単ですが、少し立ち止まって考えてみる事も大切です。飼い主様は「若々しくなった!」と飼い主様も大喜びでした。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA