犬のスキンケアはシャンプーだけじゃない【獣医皮膚科専門医が解説】

スキンケア

犬で行うスキンケアの一つに洗浄があります。『洗浄=シャンプー』と思われる方は多いと思いますが、実はそうではないんです。今回は、効果的で皮膚に優しい洗浄を行うための洗浄方法や洗浄剤について、獣医皮膚科専門医が解説します。

 

■ 界面活性剤型洗浄剤、クレンジング剤、入浴を活用

土を掘る犬

皮膚の洗浄は汚れを取り除くことが目的です。汚れは皮膚の新陳代謝のさまたげ、皮膚の刺激となります。皮膚の汚れには皮膚そのものから生じる汚れ(内因性の汚れ)と、外環境から皮膚に付着する汚れ(外因性の汚れ)があります。

① 内因性の汚れ

  1. はがれた角質(いわゆるフケ)
  2. 皮脂、汗
  3. 尿、便
  4. 皮膚常在微生物の産物

 

② 外因性の汚れ

  1. ほこり、土など
  2. 化学物質
  3. 外用剤
  4. 食品
  5. 外環境に存在する微生物

 

シャンプーするウェスティ

皮膚の表面には、皮脂と汗からなる皮脂膜があります。その皮脂膜の表面にさまざまな内因性、外因性の汚れが付着します。つまり、皮膚の汚れの主体は皮脂膜+他の汚れが混ざったものと言えます。皮脂膜を中心とした皮膚の汚れを効率的に落とすためには、皮脂(つまり油)を皮膚の表面から浮かせとる必要があります。皮脂を除去する作用を持つ洗浄剤には界面活性剤型洗浄剤クレンジング剤があります。そのほか、入浴も皮膚や被毛の洗浄効果が期待できるスキンケア法です。

① 界面活性剤型洗浄剤

シャンプーや石鹸が含まれます。界面活性剤が皮脂成分をとり囲み、皮膚の表面から除去します。

② クレンジング剤

皮脂となじみやすい油性成分や有機溶剤によって皮脂汚れを溶かし・除去します。

③ 入浴

皮膚全体の処置が可能となり、角質を軟化させる効果が期待されます。硫黄、重曹、食塩などの入浴剤やマイクロバブル浴などを用いることで皮膚の汚れを取り除くことが期待できます。

※ マイクロバブルについてはこちらの記事もご覧ください

教えて専門医!〜犬のマイクロバブル〜

 

■ 洗浄における注意点

台所の油汚れは完全に取り除かなければなりませんが、皮膚の皮脂汚れは取りすぎると、皮膚に必要な皮脂まで除去してしまい、皮膚バリア機能に障害が生じる可能性があります。したがって、皮膚の洗浄剤には皮脂汚れを効果的に落とす洗浄力が求められるだけでなく、『必要な皮脂を取りすぎないこと』『皮膚にとって刺激の少ないこと』も求められます。

しかし、“ちょうどよく皮脂を落とすけれどバリアに必要な皮脂は残す”ことができる洗浄剤はきわめて少ないのが現状です。そのため、洗浄で皮脂を落としすぎてしまった場合は、保湿処置で補うことが重要となります。

 

■ 外用剤が皮膚汚れの原因に

スキンケア

ヒトの皮膚トラブルの治療には軟膏やクリームなどの外用剤がよく用いられます。種類にもよりますが、外用剤は1日2~3回ほど適応することが一般的です。人は多くの場合、毎日入浴するため1日数回適応し、皮膚に残った外用剤もお風呂で流しています。

一方、犬の皮膚科診療でも外用剤が用いられますが、毎日入浴する症例はきわめてまれです。そのため、洗浄を頻回におこなわない犬では、皮膚に塗布した外用剤が残ってしまい、皮膚汚れの原因となります。そのため、犬に外用剤を塗布した場合は、外用剤の中に含まれる成分が皮膚から吸収された後に拭き取りを行うと良いでしょう。

View this post on Instagram

外用剤のリスク . 犬の皮膚科診療でも外用剤が用いられます。 効果もバッチリで副作用も少ない一方、注意点があります。 . 犬は毎日入浴する症例はきわめてまれであるため、『外用剤が皮膚汚れの原因となり得る』ということです。 . とくにクリームは水と油分から作製された外用剤のため、皮脂膜と同じような性質を持っています。つまり、皮脂膜と同様に汚れやすい外用剤とも言えます。 . そのため、犬に対して外用剤を塗布した場合は、外用剤の中に含まれる成分が皮膚から吸収された後に拭きとりをおこなうことをオススメしています。 . #皮膚の豆知識 #獣医師にも皮膚科医がいるんです #ペットのひふ科 #動物の皮膚科 #獣医皮膚科専門医 #耳も皮膚科医が診ます #獣医師 #動物病院 #犬 #トリミングサロン

A post shared by どうぶつの皮膚科・耳科 (@vet_derm_tokyo) on

 

■ シャンプーのリスクと洗浄後の保湿の重要性

皮膚から水分が逃げていく量を測る指標としては経表皮水分蒸散量(TEWLとも言います)があります。TEWLは皮膚バリア機能を反映する指標のひとつで、測定値が高くなれば水分が皮膚から逃げていく量が多いので、皮膚バリアが障害されている可能性があると考えられます。

View this post on Instagram

‘シャンプーのリスク’ . 前回のおさらいから始めましょう! . 経皮水分蒸散量は 『皮膚から水分が逃げていく量を測る指標』 として使われているというところまで紹介しました。 . それでは、『測定値が高い』というのはどのような状態なのでしょうか? . 皮膚から水分が逃げていく量が多いので、 『皮膚バリアが障害されている可能性がある』と解釈されるんです。 . なるほど、だから皮膚バリアが障害されているアトピー性皮膚炎の子は、この値が高くなるんですね。 . その他、どんな時にこの値が高くなると思いますか? ここで、今回のタイトルを思い出してみて下さい。 . 『シャンプーのリスク』 . そう、そのまさかなんです… 説明しますね。 . 過去に、健康な犬においてシャンプーをした前後に経皮水分蒸散量を測定した実験が行われ、『保湿成分を配合しないシャンプーで洗浄した後に経皮水分蒸散量は上昇し、洗浄3日後の時点でも洗浄前の状態に戻っていない可能性』が示唆されました。 . オーマイガー。 さらっと凄いこと言ってますよ。 . 保湿成分を配合しないシャンプーで洗浄した後に経皮水分蒸散量は上昇 . ですよ。 つまり、シャンプーすることで皮膚バリアが障害されるって事です。 . シャンプーすればするほど皮膚に悪いってこと…?しかも、シャンプーから3日間戻らない可能性がある…? . 皆さんご唱和下さい。 . オーマイガー . 皆さん、ご乱心、いや、ご安心ください。 ちゃんと対処法ありますから。 長くなったので、明日投稿しますね(^^) . #シャンプーの豆知識 #やはり豆知識ではない #豆だとしても小豆ではなく大豆 #シャンプーの大豆知識 #大豆シャンプーって皮膚によさそう #獣医師にも皮膚科医がいるんです #ペットのひふ科 #動物の皮膚科 #獣医皮膚科専門医 #耳も皮膚科医が診ます #獣医師 #動物病院 #犬 #トリミングサロン

A post shared by どうぶつの皮膚科・耳科 (@vet_derm_tokyo) on

健康な犬において保湿成分を配合しないシャンプーで洗った後に測定を行うとTEWLは上昇し、洗浄3日後の時点でも洗浄前の状態に戻っていない可能性が示唆されました。一方、もともと皮膚のバリアが弱くTEWLが高いアトピー性皮膚炎の犬を対象に、シャンプーの後にセラミドやヒアルロン酸を配合した保湿剤を適応すると、TEWLが低下する可能性が示されました。

これらの結果からは、シャンプーだけのケアでは皮脂を取りすぎて皮膚バリア機能を障害するシャンプー後の皮膚バリア機能の障害は保湿剤によって少なくできる可能性が考えられました。犬でシャンプーを行う時は、できる限り保湿をセットで行うように心がけましょう。

※ シャンプー後の保湿についてはこちらの記事もご覧ください

愛犬にリンスインシャンプーを使っているとき、コンディショナーはいらない?

■ 獣医師からひとこと

洗浄は皮膚の汚れを取り除くために必要ですが、皮膚バリア機能が障害されるリスクもあります。それを防ぐためには、入浴やクレンジング剤、界面活性剤型洗浄剤を上手に利用して、洗浄後は保湿を行うことが大切です。シャンプーした後、保湿をしていなかったという方はぜひ行ってみてくださいね!

 

Instagramでは、もう少し噛み砕いて説明しております。宜しければフォロー宜しくお願いします♪

https://www.instagram.com/vet_derm_tokyo/

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA