fbpx

犬のフケってどうして出るの?

犬 疑問
スキンケア

犬 フケ

フケは古くなった皮膚、とよく言われますが、その正体は何でしょうか?

 

■フケの正体とは!?

フケは皮膚の表面に認めるため、皮膚の表面の構造からできることが予想できます。皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層の構造を取りますが、フケができるのは一番外側の表皮です。

犬 皮膚 構造 イラスト

 

■ 表皮のお話

表皮は角化細胞(かくかさいぼう)という細胞がタイルの壁を形成するようにならんでいます。細胞同士が手と手を取り合って、外からの刺激に耐えたり、水分の喪失を防いだりしています。

角化細胞 イメージ

 

表皮の層は真皮に近い部分より、基底層、有棘層、顆粒層、角質層とよびます。基底層に存在する角化細胞が増殖を始め、有棘層、顆粒層へと成長して、タイルの壁が形成されます。

皮膚構成細胞 イラスト

 

■ 死んだ細胞がバリア機能の主役!?

顆粒層まで成長した角化細胞は “死んで”しまいます。しかし、ここからが重要です。死んだ角化細胞は固くて強い角質細胞へと変化し、角質細胞がたくさん積み重なって角質層がつくられます。角質は表皮の中でも最も外側に存在する構造で、皮膚バリア機能の主役とも言われています。

角質層 イメージ

 

■ フケの誕生と、よく耳にする“ターンオーバー”

古くなった角質細胞は最終的に皮表から脱落します。この脱落した角質細胞が「フケ」です。基底層から角化細胞が成長し、角質細胞となって最終的にフケとして落ちるまでの流れをターンオーバーといいます。健康な犬ではターンオーバーが約3週間と考えられています。健康な犬でもターンオーバーが起きています。つまりフケはできているのです。

ただ、3週間に1回のターンオーバーのサイクルであれば、フケは目立ちません。では、フケが多い犬では何が起きているか?ということですが、これはターンオーバーの時間が短くなっています。

ターンオーバー

 

■ ターンオーバーを短くする原因は?

犬でターンオーバーを短くする・フケが多くなる要因には以下のものがあげられます。

①皮脂のバランスの異常

皮膚が皮脂でベタベタする犬ではフケが多い傾向があります。皮脂はターンオーバーを調整する重要な要因と考えられています。過去の報告では皮脂がたくさん出る皮膚病(脂漏症といいます)の犬ではターンオーバーの時間が平均1週間に短縮すると報告されています。

②乾燥

角質細胞と角質細胞の間は、脂分が埋めています。また、角質の表面は皮脂膜が覆い、角質を剥がれにくくしています。乾燥肌では、角質細胞の間の脂分と皮脂が不足し、角質細胞がはがれやすくなり、フケが目立ちます。

乾燥 ひび割れ

③毛をカットする

トリミングに行った後にフケが多くなる、といった経験があるかたも多いかと思います。よく、シャンプーが合わなかったのかしら・・・?とか、ドライヤーで乾燥したのかしら・・・?などの意見を聞きますが、そうではないことも多くあります。

犬では毛を短く刈ると、一時的にターンオーバーの時間が早くなることが知られています。犬は人と異なって、毛で全身を覆われています。したがって、毛も皮膚バリアにとって重要な役割を果たしています。毛が短くカットされると、「毛がなくなったから角質をもっと作らなきゃ!」となり、ターンオーバーが早くなることが推測されています。

カット

④皮膚炎

アレルギーや感染症など様々な原因で皮膚に炎症が起こると、炎症の産物により表皮のターンオーバーが早くなると考えられています。炎症が落ち着くとともに、フケの量も減っていきます。

 

■ まとめ

このようにフケが生じる理由はさまざまです。『フケ=落とした方が良いもの』という訳ではありません。乾燥やカット、皮膚炎で発生したフケに対しては、保湿、経過観察、炎症を抑えるといった処置が合わせて必要になります。フケの原因によってアプローチを変えることも重要です。

いかがでしょうか?より詳しい事は、動物病院の獣医皮膚科医にお尋ねしてみて下さい。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA