過敏性皮膚炎が劇的に改善した猫の1例

来院理由:1週間前から急激に皮膚がただれてきた

 

「1週間前から顔を掻くようになり、あっという間にただれてきてしまった」との事です。1週間で写真左のようなお顔になってしまったようで、飼い主さんも大層心配されてらっしゃいました。

症状悪かった事、そして激しい痒みにより生活の質が落ちていた事を鑑みて、診察では早期診断/早期治療を心がけました。 検査を頑張ってもらった甲斐もあり、この猫さんは『過敏性皮膚炎』というアレルギー性の皮膚病と診断されました。免疫抑制剤による治療が奏功した為、回復は早く、元の可愛いお顔に戻りました。

 

▶ 治療前

(写真)激しい痒みがあり掻きむしってしまったそうです

▶ 治療後

 (写真)元どおりの可愛いお顔になりました

 

獣医皮膚科医のコメント:

むやみやたらに薬を投与すると、かえって皮膚が悪化してしまう事がある為、診察では感染症を丁寧に除外していきました。この猫さんは薬への反応が良く、2ヶ月後には元どおりの可愛いお顔に戻りました。本人も激しい痒みから開放されてご満悦な様子でした。

動物は人間と違って「痒いけど掻くのを我慢しよう」と考える事は出来ません。痒ければひたすら掻き続けてしまうので、いち早く気付いてあげましょう!「おかしいな?」と思ったらお早めに動物病院の皮膚科医にお尋ね下さいね。

  • facebook
  • googleplus
  • twitter
  • linkedin
  • linkedin
Previous «
Next »

2 Comments Already

  1. ① 私のネコは、写真と同じ様に顔がただれて赤くなり、毛が抜けて、次々と場所を変えてハゲて来ますが、医者にかかってこすりを貰ってのませていますが、もう1ヶ月半になりますが、なかなか治りません。
    ⑵、もう1匹、猫を飼っていますが、その猫にうつることがありますか? 仲良し猫達ですが、近づけない方がいいですか⁉️

    • モモさん
      初めまして、獣医師の豊田と申します。
      愛猫さん心配ですね。
      薬を飲んでいるのに治らない場合
      ①薬が合っていない
      ②薬は合っているが、用量が足りていない
      ③基礎疾患があって、薬が効きにくい
      といった可能性が考えられます。

      今回の記事はアレルギーが原因だったので、移る事はありませんでした。
      カビが原因で起こる皮膚糸状菌の場合、移ることがあるので近づけないほうが良いです。

      愛猫さんは最近皮膚病になってしまいましたか?
      心配ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA