fbpx

人のお肌は弱酸性、犬のお肌は○○性

泡風呂に入る犬
スキンケア

人の洗顔料やボディソープのCMで、「赤ちゃんの皮膚も大人の皮膚も弱酸性」、「人の肌は弱酸性が重要」といったメッセージを見ることがあります。

チワワ

 

弱酸性ってなに?

pH表肌の弱酸性とはどういうことなのでしょうか?酸性とアルカリ性を数字で表す指標に「pH」というものがあります。pHは14まであり、中間の7を「中性」といいます。それより低い場合が酸性、高い場合がアルカリ性になります。このpH7の中性は、理科の授業で酸とアルカリの液を混ぜて中和するといった実験で有名で、化学的な中性とも言われます。

 

弱酸性は人の肌の健康に重要

人の肌 弱酸性人の肌のpHが4〜6ぐらい、つまり弱酸性になります。この弱酸性の領域は生物学的な中性とよばれ、肌を構成する細胞が活動する上で心地よい環境であるといわれています。また、弱酸性の肌では、皮膚表面の菌が増えにくい状況になります。したがって、人で弱酸性の肌を維持することは、肌の健康を維持する上でも重要であることが伺えます。

 

犬に人用の製品はNG!?

ゴールデンレトリバー一方、動物はどうでしょうか?まだまだ、人ほど研究は進んでいませんが、犬においては皮膚の表面のpHは人よりもややアルカリ側にあるのではないか、といわれています。したがって、弱酸性がいい!といわれている人用の製品を犬に用いると、まれに皮膚に合わない場合があります。

 

 

肌のpHと膿皮症の関係

犬 膿皮症膿皮症の犬の皮膚。とてもかゆそうですね。

そのほか、犬は人に比べると皮膚のばい菌負け(膿皮症)を起こしやすとされますが、その一つの理由としてもpHが考慮されています。犬の皮膚は人の皮膚よりもpHがややアルカリ側にあるため、皮膚表面の菌の増殖を抑制しにくいことが、膿皮症を発症させやすくしているとも考えられています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?人と犬では肌のpHが異なります。いくらお気に入りの製品でも、人用のものを犬には使わない方が安心です。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. Emi

    こんばんは。シャンプーのPhについてお伺いしたいのですが、2017/5/19の記事では「pHを酸性に傾けることで、細菌の増殖を防ぎます。」とありますが、2017/6/13の記事では、「犬においては皮膚の表面のpHは人よりもややアルカリ側にあるのではないか、といわれています。したがって、弱酸性がいい!といわれている人用の製品を犬に用いると、まれに皮膚に合わない場合があります。」とありますが、犬用シャンプーを選ぶ場合、弱酸性かアルカリ性、どちらが肌に優しいといえるでしょうか?

    • 豊田

      ご質問ありがとうございます、獣医師の豊田と申します。

      犬の皮膚のpH値はまた正確には判明していないのですが、中性付近にあると考えられています。そのため、Emiさんのご質問にお答えすると、弱酸性とアルカリ性の間である『中性』付近のシャンプーが肌に優しいとなります。一方、肌に優しいかを決定する要素として、界面活性剤、刺激性、泡立ちなどもあるので、総合的に判断する事になります。

      お答えになっておりますでしょうか?
      今後も応援宜しくお願い致します(^^)

CAPTCHA