犬のアトピー性皮膚炎 〜春に気をつけておくべき事〜

コラム

■ 春にかゆみが強くなるトイプードルさん

「毎年春先からかゆみが強くなるのですが、何か対応策はありますか?」と、アトピー性皮膚炎で治療中のトイ・プードルの飼い主さんからご質問がありました。今回はこちらのご質問にお答えしたいと思います。

 

■ アトピー性皮膚炎って何だっけ?

ますは復習から始めましょう。初めて学ぶ方は、下の記事も参考にしてみて下さい。

室内飼育の犬はアレルギーになりやすい!?

アトピー性皮膚炎は、かゆみが続くことが一つの特徴です。かゆみはずっと同じ程度で続くのではなく、強くなったり弱くなったり、浮き沈みがあることが一般的です。

アトピー性皮膚炎は環境中に存在する環境アレルゲンに対してアレルギー反応が起こる事が知られており、環境アレルゲンはホコリやカビ、花粉などが含まれます。その中でも、花粉や植物が原因のワンちゃんでは、季節的に症状が変化しやすいとされます。

 

■ 春にかゆみが強くなる原因は?

春は皆様もご存知のように、春は気温が上がり、植物の活動も冬とは大きく変化します。特に、スギの花粉が飛び始める、花粉症の人にとっては辛い時期です。実はこのスギ花粉、花粉症だけでなくて、アトピー性皮膚炎の原因にもなるんです。

花粉症は、スギの花粉が目や鼻についたときにアレルギー反応が起きてかゆくなるものです。一方、アトピー性皮膚炎ではスギの花粉が皮膚についてアレルギー反応がおこり、かゆくなる、というメカニズムです。原因のアレルゲンは同じでも、症状が出る場所によって病気の名前が異なるのです。

 

■ 治療・予防はどうしたら良いの?

さて。春から症状が悪化し始めるアトピー性皮膚炎の犬はけっして珍しくありません。犬のアトピー性皮膚炎で症状の悪化が認められた時は、通常の治療薬の量や回数を調整することが一般的です。

また、かなり強い症状が出た場合には短期間でステロイドが処方する場合もあります。と言いますのも、アレルギーの反応は急速に起きる為、短時間でどんどん悪い方向に向かうことがあります。「ちょっとかゆいなぁ・・・」と思ってすこし皮膚をこすったら、ドンドン赤くなって、さらに強いかゆみが出た経験がある方も多いのではないでしょうか?ステロイドはそんな急激なかゆみを速やかに取る上では優秀なお薬です。

今回のトイ・プードルさんも、今までは症状がひどくなる時期に内服のステロイドで治療をしてたそうです。しかし、ご家族からはステロイド薬はできるだけ与えたくないとのご希望がありました。ステロイドは良く効く薬ですが、無計画に使用すると副作用が出てしまう薬である為、使い方には注意が必要となります。

ステロイドって、犬猫にとって危ない薬ですか?

■ ステロイドを使わない治療法もある

お薬になるべく頼らずに症状を改善する方法はいくつかありますが、このトイプードルさんは「スキンケアを積極的にする!」ということになりました。スキンケアで、特に意識したのは『皮膚表面の環境アレルゲンの除去』です。花粉などが皮膚についてアレルギー反応が起こるわけですから、皮膚についたアレルゲンをなるべく取ってあげることも重要な治療です。(花粉症の方が目を洗ったりするのと同じですね!)

実は、犬のアトピー性皮膚炎では薬による治療と共に、スキンケアを行う事が国際的な治療ガイドラインにより推奨されています。

推奨回数は週2回〜月1回であり、続けることが重要となります。お仕事やプライベートが忙しく細かく洗ってあげる事が難しい場合は、ブラッシングや体を拭いてあげるなどのケアでも効果的です。私たちが毎日皮膚を清潔に保とう、と無意識で行っている感覚を、アトピー性皮膚炎で困っているワンちゃんにも適応してあげましょう。

 

■ まとめ

ご自宅での管理がわからない、あるいは難しい場合は、トリミングサロンや動物病院に相談することも重要です。シャンプーの選び方、洗い方、乾かし方などは人と同じではありません。「顔がうまく洗えないけどどうすればいいんだろう・・・?」そんな悩みでもかまいません。特にアトピー性皮膚炎で悩んでいるワンちゃんのご家族は、決して諦めないで下さい。必ず愛犬にも出来るスキンケアがあるはずですので、お近くの動物病院やトリミングサロンを尋ねてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA