fbpx

かわいい愛犬・愛猫の涙やけ、諦めていませんか?

猫 涙やけ
スキンケア

「涙やけ」とは、涙の量が多くなり、目の周りに溢れてしまった涙で、毛に色が着いてしまうことです。歳とともに増えていく涙やけによる着色ですが、仕方がないと諦めていませんか?目の下の毛が、赤茶色や茶色、黒色に変色してしまった子をよく見かけますが、必ずしも飼い主さんのお手入れ不足が原因とは限らないのです。

犬 涙やけ

 

涙やけの原因と対策

花粉実は、涙やけは見た目の問題だけではないのです。もしかしたら、身体の中に隠れた他の病気が見つかるかもしれません。それでは、原因と対策を見ていきましょう。

◉涙やけの原因は?

①アレルギー

②目と鼻をつなぐ管の問題

③逆さまつげ

④目の周りの毛の問題(異物反応)

 

◉涙やけの対策は?

①アレルギー

「アレルギー」と聞くと、一般的には皮膚にトラブルが起こるイメージが強いですが、アレルギーの原因となるごはんの内容を変えたり、ワンちゃんが過ごす環境を改善することで涙やけを防ぐことが出来ます。

私たち人間も花粉症の季節、涙が止まらなくなることがありますよね。アレルギーが辛いのは、人間もワンちゃんも一緒なんですね。また、アレルギーを薬でコントロールすることも、涙やけの予防には大切なことなんです。

犬 涙やけ

②目と鼻をつなぐ管の問題

目と鼻をつなぐ管のことを「鼻涙管(びるいかん)」といいます。涙は、涙腺から分泌された後、この鼻涙管を通って鼻の中へ抜けていきます。

鼻涙管が何らかの原因により狭くなったり、詰まってしまうと、涙が目から鼻に抜けることが出来なくなり、その結果涙がたくさん出て涙やけとなってしまいます。目が大きくて鼻が短い小型犬(トイプードルや、ポメラニアン、パグ、チワワなど)は当然鼻涙管も短いので、涙やけが起こりやすいのはこのためなんですね。動物病院で検査・処置してもらいましょう。

犬 鼻涙管

 

③逆さまつげ

ワンちゃんにも人間と同じように「逆さまつげ」があります。逆さまつげが目にチクチク当たることで刺激を受けて、涙がどんどん作られてしまいます。

逆さまつげは涙やけの原因になるだけではなく、ワンちゃんがチクチクを気にしてするどい爪で目を引っ掻いてしまい、ひどい時は目の表面(角膜)を傷つけてしまうこともあります。逆さまつげも、動物病院で定期的に処置してもらいましょう。

犬 逆さまつげ

 

④目の周りの毛の問題(異物反応)

目の周りの毛が伸びすぎて、目に刺激を与えることで涙やけになりやすくなります。ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアやマルチーズなど毛が伸び続ける犬種であり、さらに毛色の白い子たちは涙やけも目立ちやすく、特に注意が必要です。トリミングサロンで、目周囲の毛を定期的にカットしてもらいましょう。見た目が改善するだけではなく、涙やけの予防にもつながります。

犬 トリミング

 

⑤その他の対策

その他にもコットンでこまめに涙を拭き取ってあげるなど、日常的に飼い主さんがワンちゃんのためにやってあげられることはあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?一言で「涙やけ」と言っても、その原因は様々です。

「うちの子はなぜ涙やけを起こしているの?」一度考えてみると、今まで気づかなかったことが見えてくるかもしれません。1日でも長く、愛するワンちゃんと快適で幸せな毎日を過ごしましょう。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA